製品情報PRODUCT

電子帳票アウトソーシング支援ソフトSecureImageConverter2

製品の概要

SecureImageConverter2は、大切な個人情報や機密情報を取り扱うデータ入力業務において、
情報漏洩を未然に防ぐためのソフトウェアです。

簡単な操作で大量の帳票認識(画像ファイル)を高速に行い、自動で分割・マスキング・暗号化を実現します。
暗号化や画像分割、マスキングを行う場合、サブフォルダも検索対象とするため、一回のオペレーションで作業可能です。

個人情報とは「個人を特定できる情報」のことで、氏名・住所・電話番号・生年月日・暗証番号等が該当します。
データ入力業務の際は、これらの情報を別々の画像に分割して各項目のみの入力にしたり、
個人が特定できる項目をマスキング(隠す)したりすることで、情報漏洩の防止につながります。

分割・マスキングの説明図

活用シーン

入力業務をアウトソーシングする際、
個人情報に関わる重要な情報を
オペレーターに見せたくない

個人情報を含んだ
アンケート用紙の原本を
コピーしたり、個人情報に該当する
箇所を手作業で塗りつぶしたりする
非効率を解消したい

機密情報を含む
データの一元管理を行い
業務効率化につなげたい

ポイント

01
暗号化・画像分割・項目マスキング機能を搭載し、一括オペレーションで変換することが可能です。
02
変換後もフォルダ構成・ファイル
名称は変更前と同一なため、無駄な作業が発生しません。
03
複数階層のフォルダ(サブフォルダ)も全て検索対象とします。
もちろん単一フォルダでも問題ありません。
04
分割領域・マスク領域は余裕のある100項目を設定することが
可能です。
05
誰でも簡単に操作できるインタフェースで、迷わず作業することができます。
06
大量の画像でも高速処理で素早く
暗号化、画像分割、マスキングすることができます。

高速な処理スピード

SecureImageConverter2は、自社開発という強みを活かし、大量の画像データでも高速な処理を実現いたしました。
具体的には、A4サイズ200dpi相当のイメージを帳票認識・分割させた場合、
白黒2値ならば約1万5000枚/時間
フルカラーでも約3000枚/時間という高速で処理されます。

ワークフローの一例

SecureImageConverter2を利用すると以下のようなワークフローを実現することが可能です。

ワークフローの一例

製品の仕様

対応画像形式 TIFF-G4/G3(2値)、JPEG(フルカラー)
画像マスキング 最大100ヶ所
画像分割 最大100ヶ所
画像分割・
マスキング
併用動作
可能
処理可能
イメージ数
ディスク容量に依存
最大帳票認識数 ディスク容量に依存(推奨20帳票以下)
暗号化機能 OmegaCrypt2008(暗号キー長8192bit)
帳票認識機能 カラー、モノクロともに可能
標準販売価格 98,000円(税別)

動作環境

対応OS Windows10、8.1、7
CPU Core i3以上を推奨
メモリ 2GB以上を推奨
ハードディスク 1GB以上の空き容量が必要

製品カタログ

SecureImageConverter2 製品カタログ

PDF形式の製品カタログをご覧いただけます。

SecureImageConverter2 製品カタログ

導入事例

導入事例をご覧いただけます。

導入事例はこちら

体験版ダウンロード
SecureImageConverter2体験版
(制限:一回実行で10ファイルまでの変換が可能です)
お問い合わせ
TEL03-5645-1561
get adobe acrobat reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

PAGE TOP