製品情報PRODUCT

リアルタイムOCRエントリシステムOCR機能について

製品の概要

EM ProfessionalのOCR機能はリアルタイムOCRを搭載し、すぐに使える簡単なOCRを実現したエントリシステムです。
エヌジェーケー社製のOCRエンジンを採用しており、認識精度は業界最高クラス

入力業務にかかる工数を大幅に削減することができ、削減した時間を確認に使えること、
そして、厳格なベリファイ機能で、入力業務の品質をあげることが可能です。

また、「EM Professional」の集中管理・水平分散入力・QCD+S機能と合わせて使用する事により、
ゆとりある職場の創造を促し、更なる理想的運用を提供します。

リアルタイムOCR運用の概要図

従来のOCR運用

リアルタイムOCR運用

従来のOCR運用では、OCR処理した後に出力されるCSVを取り込み、入力準備をする手間が発生していました。
CSVデータを扱うことにより、データのずれなどが発生する可能性があり、ミスの原因の一つになります。
リアルタイムOCRでは、CSVデータのやりとりが一切なくなるため、
入力準備が不要になり、運用の手間とミスを大幅に削減することが可能です。

活用シーン

固定業務の入力作業を
少しでも効率化したい

一度はOCR運用を検討したが、
導入に手間がかかり
あきらめてしまった

OCRの前処理にかかる手間を
削減したい

現状のオペレータ数では
納期に間に合わせるのは難しい

OCRアプリケーションと
入力アプリケーションの
連携に手間がかかる

EM Professional OCR機能の4つの導入効果

01
簡単なOCR設定
分かり易いインターフェース1 分かり易いインターフェース2

OCRの初期設定、設定内容の変更にかかるコストを軽減します。
OCR導入前につまづいてしまいがちな設定を、簡単かつ効率的に行える設定ツールを用意。

導入効果
分かり易いインターフェースで迷わずスムーズな操作が可能になります。
2種類のOCR領域のコピー機能により、作業効率化及び設定誤りを防止します。
  1. 入力項目が同一の異なる帳票が複数存在する場合、一つの帳票を作成するだけで、他帳票へOCR領域をコピー出来ます。
  2. 帳票内に同一のOCR設定(金額の項目など)になる項目が複数存在する場合、OCR領域をコピーするだけで簡単に領域を追加することが可能です。
自動帳票抽出ツールを使用すれば、何種類あるか分からない帳票の種類を自動抽出可能です。帳票を選別する手間が削減されます。
既存の入力業務へもOCR設定を作成するだけ、今までのジョブファイルをそのまま使用出来ます。【既存ユーザー様向け】
02
入力効率化
入力効率化

従来手入力していた項目に、OCRを導入する事により低コスト・短時間で納品可能になります。

導入効果
リアルタイムOCRの採用により、従来OCR処理から入力処理までの間にあった前処理作業をカットし、スキャニング処理から入力処理まで、ワンストップで行えます。
自動帳票認識機能により、混在した複数帳票の自動判別が可能になり、帳票ごとに業務を分けることなくOCR処理および入力処理が行えます。
03
品質向上
品質向上

OCR処理後に手入力を行うことで、品質の向上を図ります。

導入効果
EMシリーズで培われた多様なベリファイ機能で、OCR処理した項目の精度を向上させます。
認識率の低いOCR結果をリジェクトすることにより、OCRの誤認識を低減させます。
04
EM Professionalによる一元管理
EM Professionalによる一元管理

EM Professionalによる一元管理で、管理コストの削減及び分かり易い進捗管理が可能になります。

導入効果
他アプリケーションを使用することなく、EM ProfessionalのOCR機能のみで納品までの一連の処理が可能になります。
EM Professionalの集中管理・水平分散入力・QCD+S機能により業務効率化を実現します。

業界最高クラスの認識精度を実現

EM ProfessionalのOCR機能では、エヌジェーケー社製OCRエンジンを採用しています。
エヌジェーケー社は、1970年の創業以来、名刺管理や文書管理、帳票管理など様々なOCR製品を開発しています。
そのクオリティは業界最高クラスの認識精度を誇り、多数の大手企業、大学、官公庁等で採用されています。

EM Professional OCR機能の特徴

リアルタイムOCR
入力前の処理が不要になり、
OCR導入が容易
バッチ型OCR
大量データを一括OCR可能
活字・手書き共に認識可能
活字・手書の両文字種の
OCR処理が可能
帳票・設定項目のコピー機能
工数のかかるOCR設定・帳票設計を効率化
簡単なGUIツール
専門知識がなくても設計出来る
ツールを用意
多機能ベリファイ
様々なベリファイ(二重検査)機能を標準搭載
帳票認識機能
混在した複数帳票の自動判別が可能
エヌジェーケー社製
OCRエンジンを採用
業界最高クラスの認識精度を実現
自動帳票抽出ツール
何種類あるか分からない帳票を
自動抽出することで 、
設定にかかる工数を削減
リジェクト機能
認識率の低かった取得結果を除去
することでOCRの誤認識を低減
OCR処理から納品までを
ワンストップ
他アプリケーションを使用することなく、EM ProfessionalのOCR機能のみで納品までの一連の処理が可能
EM Professional進捗管理機能
EM Professionalの集中管理・水平分散入力・QCD+S機能により業務効率化を実現

関連製品

クラウド対応JIS029キーボード
Keyboard

イメージエントリやクラウドに対応したJIS/029兼用キーボードを
用意しております。

  • 109配列のキーボードに029配列の文字を刻印しているので、
    029オペレーターはもちろんOAオペレーターにも使用できます。
  • 荷重30gと非常に軽いため、長時間使用しても負担が少なくオペレーターの
    疲労を軽減します。
  • 静電容量方式(無接点)のキースイッチにより、なめらかなキータッチと
    心地よい打鍵が可能です。
  • 高速入力に対応した列毎にキーの高さが異なる「スロープスカルプチャ」を
    採用しています。
  • 耐久性に優れており、一般のキーボードに比べて丈夫で長く使用できます。
Keyboard
Keyboard
カラー帳票認識機能搭載アウトソーシング支援ソフトウェア
SecureImageConverter2
製品ページへ

帳票認識、画像マスキング、画像分割(JPEG/TIFFイメージ対応)

  • 「帳票自動認識機能」で仕分け作業を効率化します。
  • 個人を特定できない単位に帳票を分割して画像を保存することにより、
    データ入力業務の安全なアウトソーシングを実現します。
  • 暗証番号など機密性の高い項目をマスキングすることにより、
    情報漏洩を防止できます。
SecureImageConverter2
画像暗号化ソフトウェア
OmegaCrypt
製品ページへ

イメージ暗号化、ファイル復号化、フォルダ監視

  • 画像ファイルを一枚一枚異なる暗号キーで高速に暗号化します。
  • フォルダ監視機能を搭載しており、スキャナドライバに依存せずに
    使用できます。
  • OmegaCrypt形式暗号方式(8192ビット)と
    AES暗号方式(256ビット)の復号暗号方式により、非常に強度が高い
    セキュアな暗号化を実現します。
OmegaCrypt2008

製品の仕様

動作環境

対応OS Windows 10、7

対応画像ファイル

画像ファイル形式 シングルTIFFファイル、 JPEGファイル
対応色:1 / 4 / 8 / 24 bit カラー
画像サイズ 最大サイズ:A3用紙
最小サイズ:A8用紙
解像度 200 / 300 / 400 / 600 dpi

OCR設定ツール

登録可能帳票数 ディスク容量に依存します。
OCR領域 OCR領域の数に上限は設けておりませんが、1帳票に対するOCR領域数の増加に伴い、処理時間も増加します。
傾き・伸縮率基準 画像の傾きと伸縮率が±3%以内であれば帳票認識できますが、3%以上の画像だと帳票認識がかかりません。但し±3%以内でも認識できない画像もあります。

製品カタログ

EM Professionalカタログ

PDF形式の製品カタログをご覧いただけます。

EM Professional OCR機能について 製品カタログ

EM Professional OCR機能の実際の動作をご確認いただくために、デモンストレーションを受け付けております。
ご希望の方は、下記お問い合わせより、ご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ
TEL03-5645-1561
get adobe acrobat reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

PAGE TOP