事例紹介CASE STUDY

手書き伝票の入力業務を安全にアウトソーシングする方法

課題

金融関係の企業においては「口座開設申込書」「住所変更届け」「提携クレジットカード申込書」など、
お客様記載の手書き伝票を100種類以上も取り扱っているケースがあります。

このようなケースでは、「手書き伝票」から「業務システム」への入力作業をアウトソーシングするのが
非常に効果的
なのですが、1点問題があります。

それは、記載情報の一部に「外部へは見せたくない部分がある」ということです。

そのため、アウトソーシングを希望していても、個人情報保護のため、
その実現が困難な場合が多いのが現状です。

手書き伝票の入力業務を安全にアウトソーシングする方法

解決策

この課題の解決策は、シンプルです。

手書き伝票のうち、アウトソーシング先に「見せたくない部分」を「見せない」ようにするのです。

ただ、これを手作業でやってしまうと膨大な作業量になってしまい、
効率化のためのアウトソーシングのはずが、逆に非効率になってしまいます。

SecureImageConverter2は、このような課題を解決することができるソフトです。

たとえば、「口座開設申込書の暗証番号」「提携クレジットカード申込書の年収欄」など、
帳票ごとに異なる「見せたくない部分」だけを分割したり、マスキングしたりすることが簡単にできます。

このように帳票の全てを開示するのではなく、必要最低限の情報を入力作業者に
開示することによって、セキュリティを高め、情報漏えいのリスクを軽減させることができ、
安心してアウトソーシングすることができます。

詳細は、「SecureImageConverter2」の製品ページをご覧ください。

製品紹介

お問い合わせ
TEL03-5645-1561

PAGE TOP

カテゴリで絞り込む